top of page

映画『飾画(イリュミナシオン)』に就いて         Les Illuminations

更新日:2023年3月12日





日本ではとっくに8ミリフィルムが製造中止になった。

映画では時代の流れですっかりデジタルが主流になっている。

しかし、今もって8ミリカメラでフィルムスケッチをしている私にとって、

ルミエール兄弟の『初めての映画』がとても懐かしく恋しい。

私にはフィルムというオブジェ感覚が好ましい。

幼な心をくすぐるように、小さなフィルムを光にかざしてみる世界は宝石のように美しい。

カメラや映写機は博物館に飾られ、残っている中古は次から次へと壊れゆく。


私はいつ消えてなくなるとも知れない8ミリフィルムで最后のロマンチシズムを撮りたいと思った。

高校生のとき、初めて読んだアルチュール・ランボオの詩。

今もってその美しい感覚に魅せられている。

最后の映画はランボオのひかりを掴えたいと思った。

2015年の雨のクリスマスにランボオの生誕地シャルルヴィルを訪ねた。

そこからフィルムスケッチが始まった。

フィルムは24コマで1秒。

そのひとコマひとコマを写真を撮るように意識していくと、

時間という瞬間の連続に、生きること、死ぬこと、を改めて感じる。


日本の漢字は「儚さ」と書いて「はかなさ」と読ませる。

人はつくづく、その美のはかなさを感じながらその瞬間を生きているのだと思う。


山田勇男 2023・3・3 昼

*私が今まで制作してきたなかで最長の8ミリフィルム(約3時間)の一部であり且つ独立した7分12秒の新作『飾画:イリュミナシオン』(2015-2023)が3月24日から5月27日までパリのThe Film Galleryにて公開展示されます。




On Les Illuminations



It has been a long time since 8 mm film became discontinued in Japan.

In the film world, digital is now the prevalent mainstream.

However, for me, who still makes film sketches with an 8 mm camera,

I miss very much the texture of the Lumière brothers 'My First Film'.

I like the sense of the film as a tactile object.

As if to tickle my childhood heart, the world I see when I hold a small film up to the light is as beautiful as a jewel.

Alas today, those 8mm cameras and projectors are displayed in museums,

and the remaining second-hand machines break down one after another.


I wanted to capture the last romanticism with 8 mm film, which could disappear at any moment in this digital age.

In high school, I first read poems by Arthur Rimbaud.

I am still fascinated by their beautiful sensations.

For my last film, I wanted to capture the light of Rimbaud.

On a rainy Christmas Day in 2015,

I visited Charleville, Rimbaud's birthplace.

That is where my film sketches began.

A film has 24 frames for 1 second.

As I became aware of each frame as if I were taking a photograph,

I felt anew the sensation of living and dying in the chain of instant time.


The Japanese kanji character for 'transience' is written as ‘hakana-sa 儚さ', which consists of two characters, a man 人 and a dream 夢.

I cannot but feel that people are inevitably living in the transient moment while perceiving the transience of beauty in each moment.


Iso Yamada, 3 March 2023, noon

*7:12 mins independent work, made out of my longest ever 8mm film of circa 3h (2015-2023), will be exhibited for the first time at the Film Gallery Paris from March 24 to May 27.





閲覧数:120回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page