© 2015 ~2020 Yamavica scope

 

 

    Les Illuminations

    from photo book, Les Illuminations Cinémathèques 

    Yamavica Cine-Photo-Graphic Exhibition  

     

    July 23 (Sun.) - Aug. 12 (Sat.)

    11:00 - 18:00 (closed on Wed.) 

     

    Galleri Yamanashi

    Köpmantorget 1, Stockholm, Sweden

     

     

     

     

     

    Isao Yamada presents selected still photos from his latest 8mm film, a work in progress.

    His new graphic works are accompanied by the words of French poet,

    Arthur Rimbaud, 

    who transcended the material world which he regarded as a mere story.

    The pictures for this exhibition have been selected from the new book, Les Illuminations Cinémathèques,

    edited by Japanese photographer, Endo Akira.    

    The cinema+photo-graphic visions resonate with Rimbaud's literary expressions,

     evolving into an intimate communication between imagery and poetry.    

     

     J'ai embrassé l'aube d'été.  -  Rimbaud

     

     

     

     

     

     

     

    ★ Exhibition Report ★  展示会レポート ★

    「Illuminated by about 600 visitors from more than 20 different countries,

    the exhibition closed with a number of surprising encounters and delightful inspirations!  

    Thank you for your visit, comment and interest  from so many different parts of the world! (Galleri Yamanashi)

     

    20カ国以上にのぼる様々な国の、色々な人生を織りなされている人々、およそ600人ほどの来場者にご観賞いただきました。

    今回はランボーゆえか、じっくり時間をかけてご覧になり、

    文学や哲学に思い巡らす感想を言われたり、書き残されたりされる方が多かったようです。

    以下にいくつかご紹介します。(ギャレリ・ヤマナシより)」

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    【From visitors' note ★ 訪問帖に残された感想より一部紹介】

     

    'Un monde Plain de lumiere - there is always light. Wonderful experience.
    My favourite poem of Arthur Rimbaud is 'Sensation':

    SENSATION par Arthur Rimbaud

    Par les soirs bleus d’été j’irai dans les sentiers, Picoté par les blés, fouler l’herbe menue : Rêveur, j’en sentirai la fraicheur à mes pieds. Je laisserai le vent baigner ma tête nue.
    Je ne parlerai pas ; je ne penserai rien.
    Mais l’amour infini me montera dans l’âme ;
    Et j’irai loin, bien loin, comme un bohémien,
    Par la Nature,—heureux comme avec une femme.

    (A young man from France)

    「光に満ちた世界ーいつも光がある。すばらしい体験。僕の好きなランボーの詩:感動(センセイシオン)

    私はゆかう、夏の青き宵は
    麦穂臑(すね)刺す小径の上に、小草(をぐさ)を踏みに
    夢想家・私は私の足に、爽々(すがすが)しさのつたふを覚え、吹く風に思ふさま、私の頭をなぶらすだらう!
    私は語りも、考へもしまい、だが
    果てなき愛は心の裡(うち)に、浮びも来よう
    私は往かう、遠く遠くボヘミヤンのやう
    天地の間を、女と伴れだつやうに幸福に。中原中也訳」

     

    (フランスからの青年)

     Between Rimbaud and Mallarmé, stands the modern disciple of Lumière

     (a man from Boston, USA)

    「ランボウとマラルメの狭間に佇む、リュミエールのモダンな継承者」

    (ボストンからの男性)

     

     

    Après belle expo., on s'y retrouve dans cette sensibilité, et l'amour pour Rimbaud. 
    After a beautiful exhibition, we find ourselves in this sensibility, and love for Rimbaud.

    (A couple from Paris, France)

    「この美しい展覧会の後で、共通の感覚のなかに自分自身と、ランボオへの愛を、改めてみつける」

    (パリからの2人)

     

     

     

    僕は、夏の夜明けを抱きしめた。ー ランボオ

     

    ヤマヴィカフィルム

    イリュミナション

    写真集「Les Illuminations Cinémathèques」より

    2017年7月23日(日)〜 8月12日(土)

    11時〜18時(水曜休館)

     

    Galleri Yamanashi

    Köpmantorget 1, Stockholm, Sweden

     

    山田勇男が現在制作中の長編8ミリフィルム映画『イリュミナション』。

    撮影に参加した遠藤彰が編集した 映画のような写真集*

    Les Illuminations Cinémathèque より選んだフェヴァリットな写真に、

    「物語としてのこの世に別れを告げた」アルチュール・ランボオの詩句を散りばめた、

    飾画(ポスター・ポストカード)36点を展示します。

    *展示期間中限定先行販売。

    日本では展覧会(前橋にて2018年1~2月:詳細は年末までに公開)と映画公開時に販売開始予定です!