ヤマヴィカ映画史23

(写真:スットックホルムでのLes Illuminations展ウィンドウに並ぶ写真集) ★ さて、今、不器用な「私」の頭のなかには、 映画『イリュミナシオン』のことしかない。 以前、「私」の漫画集『戯れ』(北冬書房)の刊行にあわせて、 収録作品それぞれのポスターを作り、 販売記念展をしてもらったことがある。 その前にもパリで見たポスターに習い、 大きな壁紙の裏を使い自作映画のポスター展を催した。 最近では、人魚の絵に寺山修司実験映画全作それぞれのタイトルに合わせ、 彼の短歌のフェヴァリットの句を入れたポスターを作って展覧会をしている。 そこで、映画作品は仕上がっていないが、映像でのイメージ展開を試みたいと思った。 ロケーションハンティングでも写真として随分撮ったが、 丁度、フランスの友人の結婚式の帰り立ち寄った「幻覺レモン」の村山由希子は、 石垣島で観光写真を撮っていた腕前を活かし、持っていたデジタル・カメラで、 一見しとやかな見かけとは裏腹に、パチパチ、膨大な量を撮っていた。 そこで、遠藤彰の思いつきで、写真集となった。 ゆっくり見ていくと、 今回の個展(註)は自ずと、写真素材を生かし ポスターと絵葉書のかたちで創作することになった。 註:『イリュミナシオン展:Les Illuminations - Yamavica Chine-Photo-Graphic Exhibition』 2017.7.21~8.12 スウェーデン、ストックホルム 2018.1.20~3.4. 日本、前橋 ☆ ずいぶん前になるけれども、 本屋に並んでいた荒木経惟の写真集に 「この一冊は映画のような写

ヤマヴィカ映画史22

(写真:シャルルヴィルのランボオの家にて) ★ 全体的な構造はたてているものの、 撮影の上がったフィルムを前に、撮る前との差異がつきまとう。 思うこと、考え方も変わっていく。 実践にともなう苦悩がいつも作品の種子となる。 この映画は、プライベートな域を越えない、 その視点が重要だと思っている。 世の大半のベクトルは反対側にある。 マイナスのように思われ、 削られ、消されていく箇所を見詰めることを課した映画は、 この世では駄作として無視されることになるだろう。 少なくとも見離されていくだろう。 もし、この映画が、最后のロマンチシズムなら 「私」は本望だと思っている。 この場に及んで、やっとそこに、 恥ずかしいほどの、 純潔センチメンタリズムの、 「映画」フィルムの束を贈れる思いになった。 もしかしたら、 プライベートフィルムを撮り続けた、 1985年から2017年までのなかで、 つくづく駄目だ、駄目だと つまずき、ぶちあたり、転げ廻って得た 箸にも棒にもかからない 「私」の映画の顛末なのかも知れない。 ★(続)

ヤマヴィカ映画史21

(写真:セーヌ川沿い撮影風景) ★ 2016年5月。 遠藤彰に電話をした。 このプライベートフィルムに、 もうひとりの他者を介入させることで、「私」を客体化させたいと思った。 新聞社に勤めている彼に、一週間の休みなどとれるのだろうか。 考えても仕方ない。 思い立ったら、電話をかけずにはおれなかった。 ちょうど、有給休暇がとれるというので、およそひと月後、 パリで待ち合わせをした。 着いてすぐ街に出て撮影という、時差ボケを無視した強行スケジュールである。 休みなく撮り終えてからのフランスワインが救ってくれれば良かったのだが。 2日後にランボオのゆかりの地、シャルルヴィルへと向かった。 そして、すぐさままた撮影に入った。 3日間あちこち歩きまわり、なんとか納得のゆくものができそうな気がしてきた。 最後の日は雨にあたりながら、隣町まで歩いて撮影をした。 さすがに終えた時はぐったりだった。 これまで遠藤くんには4本の短編のお願いをしていた。 プレゼンテーションのために撮影を頼んだこともある。 スチールでもお世話になった。 いつもふたりでとことん飲んで、とことん話しをした、 その「ぎりぎりの姿」が、いい意味で反映してきたと思う。 技術だけのお願いではなく、意識の持ち方、考え方の了解が必要だった。 それは単なる慣れ合いではないことが大事だと思う。 理屈を超える共通感覚がなければならない。 あっという間の撮影期間だったけれども、 この映画にとって有意義なものになったと思う。 「私」はずうっと、技術を超えたところの、その姿勢をみたい。 いいかえれば、 「精神」のありかである、 「感覚」のありか

ヤマヴィカ映画史20

(写真:シャルルヴィル夜景(2015年12月)) ★ 2015年12月24日。 思い立って、バスと電車を乗り継ぎ、ムーズ川河畔の町、 ランボオの故郷シャルルヴィルを訪ねた。 地図では随分と近くなのに、交通手段が少ない。 ルクセンブルクの駅から中型タクシーのようなバスに乗った。 客はたったのふたり。 ランボオならきっと、ポケットにビスケットを入れ歩き続けたに違いない。 建物のない田舎に駅がぽつん。 電車乗り換え、また電車。 一日がかりでやっと夕方、小雨降るシャルルヴィルの駅に降りた。 近くのホテルに宿をとり、窓を開けると、 駅前広場に雨に濡れたランボオ記念碑が夕闇に見えた。 小さな町だった。 さっそく、生家やムーズ川に架かる古い水車小屋のランボオミュージアムの建物まで、 クリスマス・イヴの夜を歩いた。 闇夜に五角形の星型のイルミネーションが飾られている。 ぼんやり眺めながら、次回作「イリュミナシオン」の映画を思い巡らす。 これからどんな映画を撮ることになるのだろう。 人気のない街路に連なる星のひかり、映画のフィルムのように連なっているイリュミナシオン。 ひかり、ヒカリ、光、Lumière。 リュミエール兄弟に届くかな。 ランボオのイリュミナシオンに会えるかな。 星に願い、を、か。 ★(続)

ヤマヴィカ映画史19

(写真:ラ・カメラ上映会ちらし『La あんよ』(1994年10月)) ★ 1992年11月。 さて、『アンモナイトのささやきを聞いた』(1992)のポストプロダクションで、 東京に住み、仕上げて間もないころだった。 島本慶が友人と作った乃木坂の「ラ・カメラ」で自主上映をすることになった。 北海道大学を卒業して東京に戻って映画を撮っていた山崎幹夫、 彼と親交のあった斎藤禎久、 高校のとき友人と作った8ミリ映画をわざわざ札幌の「銀河画報社」まで送ってくれて、 「私」と湊谷さんとで感想を返信して以来、親交を持っていた大宅加寿子、 ライターの島本さんとで始めることになった。 第一回目は、山崎くんが全プログラムを組み、 映写まわり(映写機、スクリーン、当日の映写)を担当し、 その年の秋に、上映会を行った。 その後、16ミリ映画を自主制作する運びとなった。 「私」が夜、島本さん宅を訪ねて行ったとき、 東京に住んで間もない「私」は、 三軒茶屋の路地に迷いに迷い辿り着くといったエピソードがあった。 寺山さんが生前、「路地」に興味を持ってリサーチしていたことを本で読んでいたこともあり、路地の映画を撮りたいと思った。 大宅さんと「私」が原案をつくり、山崎くんが撮影、斎藤くんが助手をし、 4人で東京の至る所の路地を暮れから正月にかけて撮影をした。 時々、田村拓や松本崇久も参加した。 そして、仕事を終えた辺りに、島本さんと合流し、 あちこちの居酒屋でたんまり飲んで疲れを癒した。 その頃、島本さんは毎週競馬に当り、そのおこぼれのなせる恵であった。 タイトルは『薄墨の都』とし、 1993年の5月にラ・カメ

ヤマヴィカ映画史18

(写真:ジャン・コクトー『詩人の血』(1932)より) ★ 自主上映を観ていくと、映画館で普段なかなか上映されないものや、 絶対上映されにくい(されない、と言ったほうがいいか) いろいろな映画に出会った。 ダリとブニエルの『アンダルシアの犬』、 マヤ・デレン『午後の編目』、 ケネス・アンガー『スコルピオ・ライジング』、 ロベルト・ヴィーネ『カリガリ博士』、 カワレロヴィッチ『夜行列車』、 ジャン・コクトー『詩人の血』、 アンジェイ・ワイダ『灰とダイヤモンド』、 タルコフスキー『ローラとヴァイオリン』 吉田喜重『エロス+虐殺』、 大島渚 『新宿泥棒日記』、 鈴木清順 『けんかえれじい』、 ・・・まだまだ、あるある、キリが無い。 そして、実験映画、個人映画もずいぶんと見た。 デレク・ジャーマンの初期作品も見た。 『ラスト・オブ・イングランド』は、 8ミリで撮影し、ビデオに変換、 さらに35ミリフィルムに焼いた自由さに感嘆させられた。 10代後半から今まで辿ってみると、 商業映画よりも、それら大衆性に乏しいもののなかにこそ、 我が偏愛映画が多かったように思う。 たとえば、 エリック・ ロメールの『クレールの膝』は、 タイトルだけで歓喜した。 映画のなかで、 どこが好きなところか、 どう見せているのか、 何を見ているのか、 よく解ってきて嬉しくなる。 そして、教わった気がする。 派手さはないが、静かで、物事のひとつの核心を表現している。 あれは良かった。 ★(続)

ヤマヴィカ映画史17

(写真:リヨンのリュミエール記念館、2015年12月) ★ 2001年3月。 「日本実験映画フランス・ドイツ・スイス巡回上映」のとき、 フランスだけ招待してくれ、パリとブザンソンを訪ねた。 ブザンソンを散策していた時に偶然、広場の角にある建物に、 リュミエール兄弟の顔をレリーフしたプレートが貼ってあった。 生まれたところだった。 フィルムスケッチをしながら空を見ると、 雲のすき間から光がいたづらっぽくペロッと舌を出したように見えた。 いつも影ばかり撮っている「私」には微笑をかけてくれたような気にさせる。 リュミエールとイリュミナシオン。 そこで、この語呂合わせのようなイメージが思い浮かんだ。 リュミエールが暮らし、最初の映画を撮ったリヨンの旧市街の石畳を歩きながら、 もうひとりの他者であるアルチユール・ランボオが想起された。 「映画」の終わり、「私」が消える。 そこに方法と本質をみつけた。 「そうだ、またエチュードをはじめよう」(『イリュミナシオン』「青年時ー日曜日」ランボオ) いつも出発のくり返しがある。 ★(続)

ヤマヴィカ映画史16

(写真:著者の影ーもうひとりの「私」、2017年9月、ルーマニア) ★ 実のところ、似ようとしたって思うように似ない。 まだ若い「私」に向かって、友人の兄が云った。 「いくら似せよう似せようとやっても、 けっきょくのところ、とどのつまり、最後は変ちょこりんのどっちでもないものになる。 それが個性といえば個性なのかわからないけれど、 まァ、そんな考えたって仕方ないから、好きだと思ったらとことん好きなようにやるしかない」と。 いまここで、「私」は遠いところにいるもうひとりの「私」に戻ってきたのか、 戻ってしまったのか解らないけれど、 渡独とランボオの再々度の逢瀬で、 いまさらやっと「夢の棲む場所」をもらった気がする。 もう「私」などどうでもいい。 出来るだけ、ただゆっくり静かに、此の世を眺めていること。 20歳過ぎたばかりの頃の夢を思い出した。 いつもの友人のアパートへ行く道だった。 丁度、寿し屋の暖簾の前で、一歩またいだ途端、 その間が割れて、股が裂けそうになり、目が覚めた。 「あッ、どちらにも行けないな」と思った。 ★(続)

ヤマヴィカ映画史15

(写真:『冬の旅』(8mm, 2010)より長沼の風景) ★ ヒトそれぞれに顔が違うように、心の有り様も違う。 農家で作られた人参、大根、馬鈴薯の類いを見てきた「私」には、 後になって、工場で作られた皆一緒、皆同じ、の類いを前にした違和感は、 理屈では解るが、なじみ易さの点で、 ひとつひとつ違うモノやコトに、親しみを覚えた。 環境の違いと言ってしまえば当然だけれど、 子供心に、 そのたったひとつであることの自覚、 たったひとつでしかない認識、 を持ったことは、 無意識であれ、今は良かったと思う。 もの作りに限らず、物真似から入っていくのは今に変わりないが、 いずれその枠から少しずつはみ出していくことは自然であり、 そして、仕方ないことだと思う。 普遍性について巡る。 タルホではないが、「誰にも似ないように」との意識もある。 どこの国の博物館でも、矢じりは同じように見えた。 そこから生活文化、芸術、と細分化されていくと、 どんどん個性が発揮されてくる。 使い易さ、便利さ、美しさへ淘汰されていくモノやコト。 そういった中で「私」を確かめる。 「私」はいるのか、 「私」は在るのか、 そして、「私」はもういないのか、と。 ★(続)

    © 2015 ~2020 Yamavica scope