2019年2月1日〜21日★ NORTHERN IMPRESSION展覧会に寄せて【小林俊哉 X山田勇男】

小林俊哉【明けない夜】2/1-2/10 取り返しのつかないことを取り返すために。 『雨の散歩』 「森のなかの散策で ぼくは傘を広げたい すべての木をぼくの傘の下に ・・・木が濡れないように。  ユルゲン・ボルター」 この詩は私が福島原子力発電所の爆発事故後、初めての雨の日に思い浮かびました。 2011年3月11日この国を襲った大地震と大津波によって起った福島原子力発電所の爆発事故のその瞬間を私はテレビで観た時に「これは取り返しのつかないことになってしまった。」「日本の終わり、世界の終わり」だと思いました。その時私の全身から力と血の気が引きました。でも今、現在私は事故の前と変わらず生きています。そして私は作品の制作をし発表をしています。 「海に浮かぶ森」といわれた日本が原子力発電所の爆発事故による放射性物質の拡散により広大な範囲が汚されてしまいました。国土の70パーセントを森に包まれ、私達国民のナショナルアイデンティティにも強い影響を与えている森が元の森に戻るのには何十年、何百年要するのでしょうか。それは元には戻らないのかもしれません。なぜなら、放射性物質の汚れは何をもってしても落とすことは出来ないからです。それは、「森の死」を意味します。でも、森では春になれば緑でいっぱいになり、花も咲きます。しかし汚れてしまっているのです。 そして、もうひとつ思い浮かんだ詩です。 『瀕死の森』 「今や森はひそかに死に向かおうとしている 葉叢にまどろむは声なきメランコリー わたしたちの子供の世代の産む子らは何を受け継げばよいのだろう。 苦しみにあえぐ、哀しみの放牧地と化した国が、、、 彼らは二度

    © 2015 ~2020 Yamavica scope