ヤマヴィカ映画史8

(写真:『巻貝の扇』スチル) ★ 「イメージフォーラム実験映画祭」の誘いで、 初めての16ミリ映画『巻貝の扇』(1983)を撮ることになった。 その年の5月4日に寺山修司が亡くなった。 生前、寺山さんが札幌に来たとき、 「山田、8ミリで撮るのもいいけれど、16ミリで撮ると良い。 16ミリだといろんな映画祭に出せて、いろんなひとに観てもらえるよ」 と言っていたことを思い出し、 前作『銀河鉄道の夜』で照明を担当してくれた麻生知宏に相談した。 麻生さんは、「イメージフォーラム」の定期上映会で発表したり、 札幌で中島洋と「アンダーグラウンドファクトリー」を結成して、 地下にある「喫茶コンボ」を拠点に実験映画や個人映画を自主上映していた経験もある。 撮影と機材提供の快諾を得て、初冬ともいえる11月の下旬に数日の撮影をした。 皆勤めていたり学生だったため、撮影は日曜日に限られた。 平日の夜にそれぞれが集まり、準備や打ち合わせをした。 「私」は小さな看板屋に勤めていたので、残業も多かったから、 随分とあわただしい日々だった。 美術には好きな作家の瑞聡を中心に、友人の小林俊哉たちが手伝うという広がりがあった。 小林くんも美術のひとだけれど、「コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)」が好きで勤めていたという(「私」は寺山さんの『さらば箱舟』で衣裳を担当したことで多少その辺りを巡り、 川久保玲に興味を持っていたこともあった)ので、衣裳のほうにも瑞智子と関わってもらった。 音楽には、東京藝術大学の作曲科で勉強して札幌に戻り、 音楽教室をしていた出路茂子に作曲とピアノを弾いてもらっ

ヤマヴィカ映画史7

(写真:アムステルダム空港に到着後の筆者 2017年5月) ★ 老いた人たちは、独り静かに、夕暮れ刻のベンチに座り、 黙ったまま、沈んだ太陽のあとを眺めている。 或いは、眠れず、カーテンのない青白い夜明けの窓を見続けている、その情景。 すべての物象が寝静まったどこそこは、 亀に股がった浦島太郎の向かう未だ見ぬ海底の龍宮城の印象。 思い出すのも遠い、むかしのことばかり。 幼年期の記憶がおぼろげに浮かんで消える、 極端な無邪気さと馬鹿馬鹿しさ。 夢とは「苦しい忍耐を要する実践と映る」ことか。 懐かしくって、切なくって、哀しいそれらを、 どうずることも出来ないで眺めているのだ。 しかし、実感の伴わない名目などいらない。 恥ずかしさを感じなくてはいけない。 その行為の、わずか瞬時の自明こそが、いつしか、 一本の緑色の光線となることを祈るばかり。 ★(続)

ヤマヴィカ映画史6

(写真:ヤマヴィカ・アトリエ 見捨てられコレクション) ★ 「ランボオ素描」を読んでいくうちに、「錯乱によって未知に到達すること」が問題になった。 十八歳のときに観た『書を捨てよ 町へ出よう』のなかで 「僕たちは僕たちの向かう方法のなかでしか生きられない」 というE.M.シオランの言葉を引用していたが、 いくたびも苦境に立たされたとき、呪文のようにつぶやいていた気がする。 およそ世間を相手にできるほど表現が達者ではない。 だから、自分の方法でしか生きられない宿命と向き合う苦悩だけが残されていた。 寺山修司は言う。 作品は作る側半分、見る側半分で成り立っている、と。 だが、もう、「私」に観客を想定することなど無意味になってきた。 たとえば豆腐屋のラッパのように、すっかり忘れ去られ消えたものが沢山ある。 「私」がこの世に生きてきた身の廻りを見渡せば、 「無邪気で馬鹿馬鹿しいものたち」にどれだけ愛おしく寄り添ってきたことか。 誰も相手にしなくなったそれこれの、心を動かした「私」のフェヴァリット。 今も変わらず、映画の終わりに残された暗闇に浮かび上がった白いスクリーンの震えを眺めている境地だ。 人類の進歩によって見捨てられていくもの ー 消えて無くなっていくものたちを静かに(優しく)、見守りながら。 さて、この虚無はどこからくるのか。 ★(続)

ヤマヴィカ映画史5

(写真:トレーヴ(トリア)の大聖堂) ★ 稲垣足穂の『一千一秒物語』のような映画を撮りたいと湊谷さんとアレコレ話をした。 それは、「気配」を描くことだった。 あるようでない、ないようである、あの感覚である。 今になって思えば、意気込みの強さにも程があると恥ずかしくもあるが、 今もってそのモチーフにおいては変わりない。 経験を重ねれば、必然、ものごとに慣れていく。 「不安と恍惚のアンビバァレンツ」に常に身を置くことは、 どこか震えながら、つま先で立つ、ぎりぎりの姿をさらすことだ。 ★(続)

ヤマヴィカ映画史4

(写真:『スバルの夜』スチル) ★ 1977年。 湊谷夢吉との発案から、銀河画報社第一回作品を進める。 まず、大阪から来ていた藤木光次の自家現像の写真が好きで、撮影をお願いすることにした。 「天井桟敷」を退団して札幌に戻っていた稲葉憲仁は、寺山の映画作品に関わった経験から、 具体的な進行を含め、脚本を手掛けた。 後に撮影を担当することになる北大生、阿倍崇文を紹介してくれる。 編集を終え、音楽は藤木光次が通っていたジャズ喫茶「アイラー」の田川真理子が選曲した。 如何せん初めてのこと。 カメラを湊谷さん、映写機は「私」が、近所の円山質店で一緒に買った。 フィルムを「私」が、現像代を湊谷さんが支払う。 演出は皆で話合いをしながら、時に激論になった。 基本的に「私」の思いつきを、湊谷さんが整えるといった共同演出で、 すべからく二人の合意で進めていた。 処女作『スバルの夜』から、8ミリ映画5本、16ミリ映画3本が、 多くの出会いのなかで生まれた。 1988年6月7日。 湊谷夢吉の死によって、銀河画報社の活動は14年間で解散した。 ★(続)

    © 2015 ~2020 Yamavica scope